aa このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-23休日の朝

eimmy_black20050823

[]AMISTAD アミスタッド 4本目 AMISTAD アミスタッド 4本目 - aa を含むブックマーク

本日2本目はAMISTAD。

手持ちのDVDからセレクト。

黒人奴隷時代を描いた作品。

主演はマシュー・マコノヒーらしい?が

ジャイモン・フンスーが名演しているので

こちらに注目してほしい。

マシュー・マコノヒーも「評決のとき」などで

なかなか良い演技しているので

別にケチつける訳ではないのですが。

ググッてたら分かったんだけど

今上演しているマイケルベイ監督アイランド

にもジャイモンが出演しているらしい。

これは見に行かないといけないでしょう!

これも今日知ったんだけどジャイモンは

ベナン出身らしいです(アフリカ出身は知ってたんだけど)。

ベナンといえば「ここがへんだよ日本人

に出ていた熱い外人ゾマホンもそうでしたね。

ここが変だよ奴隷時代

人間を物として扱う当時の人間の感性は

すごいものがありますね。

黒人が黒人を奴隷化していた例もあるので

別に白人だけを責める訳ではありません。

当時はそれがコモンセンスだったのでしょう。

奴隷調達屋によって売り物として

白人社会に連れて行かれる黒人奴隷の悲哀を

描いている本作品・・・のはずですが

どうも白人の為のオナニー映画的な感じが

抜けきれていないように思います。

最後は裁判によって奴隷調達組織は壊滅して

黒人奴隷達は開放されていくのですが、

純粋奴隷の悲惨さを描きたいのなら

残酷事実だけを淡々と描けばよかったと思います。

スピルバーグについて

いわゆる巨匠と呼ばれる人です。

が最近はどうもアカデミー賞を狙っているのが

見え見えで好きになれません。

ミスタッドもそんな感じです。

デビュー当時の監督作品

「ジョーズ」や「刑事コロンボ」で見せた

映像マジックはとても評価すべき点であり

観客を魅了したことにウソはありませんが。

彼は天才がゆえに観客をひきつける

シナリオ、映像、効果音、撮影手法を

知り尽くしているのでしょう。

映画会社も遊びで作っているのではもちろん

無いので、売れる映画を作るのは当然なのですが。

売れない監督お金が回ってこないシステム自体が

問題なのであって映画屋たちに否はないのかもしれません。

一方よく引き合いに出されるジョージルーカス

完全に技術屋志向であり映画屋という感じはしない。

もちろんルーカスフィルムILMなどの会社

設立してはいるのだが、それは自分の技術欲や独占欲

満たす為であって決して商売をうまくやるためではない。

彼は最高の映像、最高の音楽を目指している点で

非常に純粋であり、彼の作品を見るのに頭はいならい。

勝手に評価

面白い度:☆☆☆★★

狙っている度:☆☆☆☆☆

出演者:☆☆☆☆★