aa このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-23休日の朝

eimmy_black20050823

[]Shattered Class ニュースの天才 3本目 Shattered Class ニュースの天才 3本目 - aa を含むブックマーク

今日は休日なので朝から映画でも見てみることにする。

本日1本目は昨日レンタルしてきたDVD

ニュースの天才」です。

主演はスターウォーズでアナキンの青年時代を演じている

ヘイデン・クリステンセン

本作品は The New RePublic っていう実在する

権威ある雑誌編集者が実に27もの捏造記事を

世に送り出していたことが後になって分かり

衝撃を与えた実話を元にしています。

以前に日テレの「世界まる見え」で取り上げられた

こともあったような。

現在はノンフィクション小説などの関連書籍

出ている有名なお話。

邦題に物申す!

邦題は「ニュースの天才」である。

まさにそのまんまな感じだがこっちのほうが

分かりやすい。

Shattered Classは直訳すると

「離散したクラス」「砕け散った授業」

ってところでしょうか?

内容を見てないと分からないですが

こっちの方が見た後ではしっくりきます。

フィクションなのにノンフイクション

ヘイデン演じる敏腕記者スティーヴは面白い記事を書いて

大衆や同僚、編集長を楽しませたりするのが忘れられず

(実際は自己快楽を求めていただけだとは思うが)、

ネタが無いときは話をでっち上げてでも

記事を書きつづける。

その話が面白いしスティーブ自身も好かれやすい

性格なので同僚はだーれも疑おうとはしない。

編集員をいろんな意味で守ってくれみんなから

信頼されている編集長はオーナーとのいさかいで

辞めさせられ、そのポストには編集者間では

あまり人気が無いやつがつく。

で結局その人によって天才の捏造は暴かれて

いくんだけど、途中むかつく女編集員が

やたらとスティーヴをかばってくる。

「お前はこいつのお母ちゃんかい!」

って突っ込みたくなるくらいに。

捏造がばれそうになるとスティーヴも

言い訳を連発して自己保身に走る。

大きなウソを隠すために小さいウソを認めたり・・・

大人になれない子供を演じさせたら

ヘイデンははまり役なのかもしれませんね。

あの人は今?

映画の最後に実際の登場人物の現在がちょこっと

出てくるが、スティーブ本人は自分の捏造事件を

元にした本を出版してウハウハなようです。

創作の才能があるんだから最初から

小説家とかになってた方が良かったのにねぇ。

勝手に評価

面白い度:☆☆☆☆★

諦めが悪い度:☆☆☆☆★

はまり役度:☆☆☆☆★